第9章 プロセシングの今後の展望

1. 最先端加工技術の実用化

著者:小原 實

1. 最先端加工技術・光産業の現状

 (財)光産業技術振興協会によると、2004年度の光産業のGDPは8.4兆円に達し、2005年度予測は9.28兆円で、右肩上がりの成長を続けている。一方我国の電子工業のGDPは1991年以来約20兆円を維持している。2004年度の中国の電子工業のGDPはわが国の電子工業国内総生産額(GDP)と同じ水準まで増大した。我国のGDPは1991年以来約500兆円を維持している。
 光産業は、情報通信、情報記録、入出力、ディスプレイ、光エネルギー、レーザー加工、センシング・計測に分類される。その中で、情報記録、入出力関連の海外生産比率はそれぞれ70.1%、54.2%(2005年度予測)である。レーザー加工の海外生産比率は1.5%であり、まだ国内生産がほとんどを占めるので逞しい分野である。
 最先端のレーザープロセシングの展開は目覚しく、将来の光産業の発展を確実なものにすると思われる。国際会議、国内の研究会に現れないレーザープロセシング分野こそが、真に日本のレーザープロセシングを担っていると言えよう。研究会、国際会議で活発に議論しているプロセシング分野は未だ萌芽期で、それらのアイデア・技術の自然淘汰・間引きがあって初めて実用化に繋がることは過去の事例を見ても明らかである。この萌芽期から実用化・産業化への遷移期に、経済産業省のレーザープロセシング分野の国家プロジェクトの果たした役割は計り知れなかったが、最近はこの種のプロジェクトが皆無であるのが気がかりである。
 最先端のレーザープロセシング技術は、科学技術の極限技術を複数組み合わせた多元的な科学技術融合の産物であろう。いわゆるTechnologyFusion(技術融合)がない先端レーザープロセシングはないであろう。レーザーを投入したほうが経済的、技術的にメリットがある箇所にのみ利用し、他のプロセシングには従来の技術を併用したハイブリッドプロセシングも利用されている。
 究極のレーザープロセシングは、Laser-CAD(ComputerAidedDesign)で機械設計、金型設計、製品設計、アパレル、医療(精密加工の分野ととらえて)設計を行い、Laser-CAM(Computer Aided Manufacturing)でレーザ一加工を支援するシステム(製品を除去加工するためのデータ(経路、レーザー加工機を制御するデータの生成)の構築が期待される。今までの古典力学(機械工学)と数学からなるCAD/CAMではなく、量子力学的レーザ一と材料との相互作用過程を取り込んだ、ナノ加工までできるしaser-CAD/CAMができればレーザー研究者・技術者の夢が叶う。このためには、どのような環境でも安定に発振するレーザーが提供されねばならない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目