バイオテクノロジーにおけるフローサイトメトリーとは、 流体の流れの中で細胞を懸濁させ電子検出装置の前を通過させる、レーザまたはインピーダンスに基づく生物物理学的技術である。細胞計数、細胞選別、バイオマーカー検出、タンパク質工学等で使用される。これは、最大で毎秒数千の粒子の物理的および化学的特性の同時マルチパラメトリック分析を可能にする。
フローサイトメトリーは日常的に血液癌などの健康障害の診断に使用される。また、基礎研究、臨床診療や臨床試験等、多くの用途を持っている。よく使われる用途は、粒子を特性に基づいて物理的に並び替え、特定の粒子の集まりを精製することである。

目次

  • 1. 歴史
    • 1.1 技術の名前

    無料ユーザー登録

    続きを読むにはユーザー登録が必要です。
    登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
    SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
    *メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目