ライダー(LIDAR、Lidar、LIDAR、LiDAR、LADARとも表記されるが、本稿では「ライダー(LIDAR)」に統一する)は、ターゲットにレーザ光を照射してターゲットまでの距離を測定する測量方法である。ライダー(LIDAR)という名前は、時にはLight Detection And Ranging(光の検出と測距)の頭字語とも言われている(もしくはLight Imaging、Detection、Ranging)。もともと光(light)とレーダー(radar)を混ぜた造語であった。ライダー(LIDAR)は高解像度の地図を作成するために広く使われている。測地学、地理情報学、考古学、地理学、地理学、地震学、林業、大気物理学、レーザーガイダンス、空中レーザ測地図(ALSM)、レーザ高度計など広い分野で使われる。レーザースキャン、3Dスキャンと呼ばれることもあり、地上、空中、および可動性のアプリケーションがある。

目次
•1 歴史と語源
•2 概要
•3 構成
•4 応用の種類
o4.1 空挺型ライダー(LIDAR)
o4.2 地上型ライダー(LIDAR)
•5 応用
o5.1 農業
o5.2 考古学
o5.3 自律車両
o5.4 生物学および保護
o5.5 地質学と土壌学
o5.6 大気リモートセンシングと気象学
o5.7 法執行
o5.8 軍事
o5.9 鉱業
o5.10 物理学と天文学
o5.11 岩盤力学
o5.12 ロボット工学
o5.13 宇宙飛行
o5.14 測量
o5.15 交通
o5.16 ウィンドファームの最適化
o5.17 太陽光発電配備の最適化
o5.18 ビデオゲーム
o5.19 その他
•6 代替技術

1.歴史と語源

50_Kilometers_of_Brazilian_Forest_Canopy.webmFlying_Through_LIDAR_Canopy_Data.webm

ライダー(LIDAR)はレーザの発明直後、1960年代初めに始まり、レーダーが信号を返す時間を測定することによって距離を計算する能力とレーザの集束イメージングを組み合わせることで生まれた。ライダー(LIDAR)は気象学で使われ始め国立の大気研究センターが雲を測定するために使用していた。一般的にシステムの精度と有用性が知られるようになったのは、1971年にApollo 15で宇宙飛行士がレーザ高度計を使って月面地図を制作した時である。「LIDAR(lidar)」は一説によると頭字語と言われているが、もともとは光(light)とレーダー(radar)を混ぜた造語である。ライダー(LIDAR)という言葉が最初に出版物で発表されたのは1963年であり、明確にこれを裏付けるものである。それには「レーザは、遠方の物体からの特定の波長を検出できる、極めて敏感な検出器に応用し得る。一方、それは ‘ライダー(LIDAR)’(光レーダー)によって月を研究するために使われている…」とあり、Oxford English Dictionaryはこの語源を支持している。頭字語(「LIDAR」)としての「ライダー(LIDAR)」の解釈は1970年に始まり、根拠として挙げられるのは、用語「レーダー(radar)」は「RAdio Detection And Ranging(無線の検出と測距)」の頭文字で有るため「LIDAR(LIDAR)」は「LIght Detection And Ranging(光の検出と測距)」もしくは「Laser Imaging, Detection and Ranging(レーザーイメージング、検出と測距)」の頭文字であるという論である。英語では現在、「radar(レーダー)」を頭字語として扱わず、印刷物においては普遍的に小文字であるが、1980年代からいくつかの出版物では、「lidar(LIDAR)」という言葉を「LIDAR(LIDAR)」と大文字で印刷している。現時点では「LIDAR」が頭字語であるか、また頭字語であるなら「レーダー」のように小文字で表示するべきかの不確実性を反映して、全て小文字で書かれる。様々な出版物において、LIDARは「LIDAR」、「LiDAR」、「LIDaR」、または「Lidar」と表記されている。 USGSは 「LIDAR」と 「lidar」の両方を、時には同じ文書中で使用している。New York Timesは 「lidar」と 「Lidar」の両方を使用している。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目