第3章 プロセス装置

2. プロセス用レーザー

6. ファイバーレーザー

/ 著者:辻 正和

6.1 はじめに

材料加工分野に利用が可能な高出力ファイバーレーザーの開発がIPGフォトニクスで本格的に開始されたのは2000年度からでありわずか5年で20kW出力機を開発し急速な進歩を遂げている。IPGフォトニクス自身も1990年にバレンタイン・ガポンセフ博士(Dr.Valentin Gapontsev)によりロシアで創業された。当初は光通信用のアンプリファイアーとして開発され世界的なITの発展と共に驚異的な成長をとげていたが、2000年のアメリカでのITバブル終息で業績が大きく後退しIT主力の形態から脱却すべく高出力ファイバーレーザーの開発を行い材料加工分野への進出を加速した。IPGファイバーレーザーの高出力化は他の固体レーザー及びCO2レーザーに比べて容易であり100kW出力機の開発も可能な状態にある。レーザーの歴史において短期間にこれほどの高出力化と高ビーム品質化を実現したレーザーは他には無いといえる。表1にIPGファイバーレーザーの開発歴史と獲得出力を示す。IPGファイバーレーザーの特長、性能と高出力、高ビーム品質によるメリットとそのアプリケーションについて紹介する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目