第2章 プロセス技術の基礎

3. レーザー光分解

著者:新納 弘之

1. はじめに

 レーザー照射によって誘起される光分解過程は、プロセス技術の根幹過程となるものが数多くあり、レーザープロセシングにおける重要な素過程が含まれる。主プロセスは重合反応や架橋反応でも、その開始過程は開始剤や前駆体の光分解過程から始まっている系が数多くあり、光分解過程の精密制御はプロセス全体の高効率化や高品位化を左右する重要課題といっても過言ではない。とくに、近年のレーザー装置の急速な進歩によって、波長、強度、パルス幅等に関して多種類の光源装置が上市され、用途・目的に応じた光分解過程を選択的に誘起させることが可能になっている。精緻な反応過程設計を行うことによって、高品質なプロセス制御が実現できるようになりつつある1〜3)
目次へ ∧

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目