モード同期レーザー等で作製されたパルス列は、完全な周期を持つパルス列から、時間的なパルス位置のずれがある。この現象は、タイミングジッタと呼ばれており、例えば、長距離光ファイバー通信や光サンプリング測定等の多くの用途において重要である。同様にして、Qスイッチレーザーから得られるパルスにもタイミングジッタが存在するが、その物理的な構造は全く違うものである。また、以下で議論されているように、フォトディテクターでもタイミングジッタが発生する。

モード同期レーザーのタイミングジッタ

タイミングエラーとは、異なったものであると考えられている。

  • 時間的パルス位置間のずれと完璧なクロック単位のずれ
  • 時間的なパルスのずれと、本物の(雑音の多い)発振器のクロック単位のずれ (例、能動モード同期レーザーの変調器を駆動させる電気的な発振器)
  • 平均パルス周期とパルス間距離のずれ(パルス間ジッタあるいは、サイクルジッタ)

光通信システムにおいて、関係するジッタは、データ搬送パルスとクロック信号間のジッタである。後者は、データストリーム自体から抜き取られたり、分離して送信されたりしている。前者の場合では、低周波ジッタは、抽出されたクロック信号に送信され、多くの場合、検出に関係がない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目