ラマン分光法を用いたDNAハイブリダイゼーション検出の試みが行われている25)~28).特に,貴金属表面での増強効果を利用した表面増強ラマン分光法(surface enhanced Raman spectroscopy:SERS)は表界面選択的であり,検出感度が高い.また,SERSスペクトルのスペクトル幅は狭く,表面に吸着したDNAの化学状態を識別,二本鎖を形成したDNAからのSERS信号を選択的に取得可能であり,高感度・高精度なDNAハイブリダイゼーション検出手法として期待されている.

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目