単位断面積当たりの伝搬パワーからわかるように、ポインティングベクトルの強度は光周波数(≈1015 Hz)の 2倍の高速で増減を繰り返す。これを実時間で計測することは不可能であり、平均化などが必要である。

ある関数f(t)の時間間隔Tでの平均値<f(t)>Tは、

3.43-2

で与えられる。調和関数の平均値を求めるために、以下の計算を行う。

3.43-3

となる。sin u/uは、sinc uとよばれる(図)。上式の実部と虚部は、u=ωT/2=πとして、

3.43-4

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目