フェムト秒レーザーを使った屈折矯正手術では、角膜内の集光点でプラズマ爆発を起こすが、フェムト秒(1000兆分の1秒)では熱の発生はなく空洞が形成される。その空洞の連結でミシン目のような切断面を作る。

LASIK

一般的にLASIKでフェムト秒レーザーを使いフラップという蓋が作成される。角膜のフラップ作成後、エキシマレーザーで角膜を削り形状を変化させる。

ReLEx(リレックス)

ReLExはフェムト秒レーザーのみを用いる屈折矯正である。角膜のフラップとレンチクル(シート状の角膜切片)を作成し、レンチクルを摘出することで角膜形状を変化させる。

フェムト秒レーザーで屈折矯正手術が可能となる条件は、繰り返し周波数:500Hz、極小スポット:3.0μmである。

ReLExには2つの手術方法がある。

FLEx(フレックス)

LASIKに似た手術法で、フラップを作成したのち、レンチクルを除去する方法である。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目