水分子同士の水素結合は非常に短い時間で生成と消滅を繰り返している。また、分子振動の一周期の時間は10〜100 fs程度である。これらを観測するには、フェムト秒パルスレーザーが適している。フェムト秒パルスレーザー光が照射されている部分では、そのエネルギーと同期した分子の伸び縮みの観測が可能である。

図1は、高分子フィルム(PMMA)中の有機色素分子(ナイルブルー)をパルス幅25フェムト秒のレーザーを用いた3パルスフォトンエコー法で測定した結果である。分子の振動は、規則的に現れている濃い色に対応している。また、この分子の振動の信号を消したり、強くすることが可能で、このような過程の利用で、新たな化学反応の制御法を探る研究も行われている。


出典:レーザーで見る分子の世界 -レーザーで探る分子の新たな性質

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目