100フェムト秒の超短パルスレーザーの利用で、非線形光学効果に基づく新たな「光ピンセット」の原理が発見されている。

この光ピンセットは、レーザー光焦点の左右2点でナノメートルスケールの微粒子を捕捉ができ、2点間の距離をナノメートルオーダーで制御することが可能である。そして、レーザー光の偏光方向の回転で、2点の回転制御が可能である。

この光ピンセットでは、様々な材料の微粒子や、原子・分子を補足できる可能性があり、今後のナノテクノロジーの発展に期待されている。例えば、微粒子を一定間隔に配列するナノ加工、生物試料や高分子化合物の操作、回転するナノレベルの装置の作成に期待される。

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目