短パルス高強度レーザー光は、原子や分子の内部にあるクーロン電場に匹敵するほどの電場を作り出せる。その短パルス高強度レーザー光のパルス形状を順序立てて変化させることで、エタノール分子の化学結合を選択的に切断することが可能である。

また、この強光子場中では、水素原子が極めて大きな速度で分子内をマイグレーションをすることと、水素原子の3量体イオンH3+を効率良く生成することが発見されている。

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目