市販されている波長1.0 μm帯の超短パルスレーザー(フェムト秒レーザー・ピコ秒レーザー)のうち、パルス幅が 100 fs (1E-13 s)〜 100 ps (1E-10 s)と、パルスエネルギーが100 pJ〜 1 mJの関係をプロットした図を下記にまとめた。

フェムト秒・ピコ秒レーザーのパルス幅とパルスエネルギー
フェムト秒レーザー・ピコ秒レーザーのパルス幅とパルスエネルギー

上図を見ると、ファイバーレーザーは100 fs~1 ps と 10 ps~100 ps に多いことが分かる。μJオーダーのファイバーレーザーのパルス幅は概ね 400 fs以上であり、10〜100 nJのファイバーレーザーのパルス幅は300 fs未満が多い。これは、医用・理化学・バイオ応用では、パルスエネルギーを抑えながらも高いピークパワーが必要になるためである。

光響は独自に収集した超短パルスレーザー(フェムト秒レーザー・ピコ秒レーザー)のデータベースを使用しています。超短パルスレーザー(フェムト秒レーザー・ピコ秒レーザー)をお探しの際は、光響までお気軽にご相談ください。お探しになっているレーザーを迅速にご提案いたします。光響へのお問合せ