フェムト秒レーザーマイクロ接合法と呼ばれる手法では、2つの透明材料の境界面にフェムト秒レーザーで局所的な溶融部を生成し、材料間を溶融接合する。この手法は、マイクロ光学素子のアッセンブリーの手段のひとつとして考えられる。


出典:[上] T. Tamaki et al., Jpn. J. Appl. Phys. 44, L687 (2005).
   [下] W. Watanabe et al., Appl. Phys. B 87, 85 (2007).

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目