チャープミラーは誘電体多層膜ミラーの一種である。チャープミラーでは長波長の光ほどより深い膜(ミラー表面からの深さ)で反射されるため、光に負の群速度分散を与えることができる。下図はチャープミラーの概念図である。2枚~3枚のチャープミラーを使用してビームがミラー間を何度も行き来するような構成にすることで、パルスの分散を補償する。

チャープミラーの概念図

図1:チャープミラーの概念図

 

光響へのお問合せ