白内障のフェムト秒レーザー手術の手順

  1. 水晶体手術…微細で光強度の強いフェムト秒レーザーで水晶体嚢の円形に切開
  2. レーザーレンズ細分化…フェムト秒レーザーを用いてレンズをセクションに分け、その表面に斜交平行模様を刻み込むことで和らげる
  3. 超音波乳化と吸引

*標準の手術では、手作業の切開の次に超音波乳化と吸引が続く。

白内障手術では、白内障の吸引を容易にするため、超音波による白内障軟化を行うが、この超音波エネルギーは、術後の視力回復に影響すると言われている。Dr. Culbertsonの調査では、フェムト秒レーザーによる白内障の前処置を行った場合、超音波の使用を45%抑えることができると報告されている(より重度な白内障では、この結果に当てはまらない可能性があるので、注意が必要である)。

人の手による水晶体前嚢切開
(引用:川本眼科だより 163)

 

フェムト秒レーザーによる水晶体前嚢切開

フェムト秒レーザーによる水晶体前嚢切開
(引用:川本眼科だより 163)

References and Links

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目