半導体レーザーは共振器を持つレーザーであるため、LEDとは異なりレーザー発振するための発振閾値電流を持っている。下記は半導体レーザーの光出力-電流特性を示す図である。

光出力-電流特性

電流が 0〜Ith Aの間は、半導体レーザーからは自然放出光が出ている(半導体表面やパッケージの窓での損失で光が出ない場合もある)。このときのスペクトルはLEDのようにブロードになっている。電流が Ithを超えたとき、半導体レーザーが共振条件を満たしてレーザー発振する。このとき、スペクトルは狭くなりほぼ単一の波長となる。

電流 > Ithのではレーザー光出力は電流に比例して大きくなる。

下の動画はレーザー発振の様子を示す図である。本ページとは直接関係ないが非常に面白いので紹介する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目