半導体レーザーの仕様書には、Forward VoltageとReverse Volotage(逆方向電圧)が記載されている。このReverse Vologageとは、半導体レーザーに加えてはならない逆方向電圧である。もし、アノードとカソードを取り違えて、半導体レーザーに逆方向電圧以上の電圧を加えてしまった場合、半導体レーザーは破壊される。

このように半導体レーザーが破壊されることを防ぐために、半導体を駆動する回路は保護回路を備えていなければならない。Reverse Volotageは、LD reverse vologateとPD reverse voltage(フォトダイオードの逆方向電圧)があるので気をつけたい。一般に、LD reverse volgateは2V程度と低いが、PD reverse voltageは 15V程度となっている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目