量子井戸構造(Quantum Well)は効率のよい発振構造を可能にする。量子井戸構造では半導体の活性層の厚さが 10 nm程度になっている。活性層にはバッッファ層と量子井戸層が複数積み上げられている。活性層に流れる電子は非常に狭い領域に閉じ込められるため、電子が波の性質をもつようになり、効率のよく発光する。半導体レーザーの発振波長の幅が狭められるため、スペクトルのピークが鋭くなる。

下の動画は、量子井戸構造半導体レーザーについての1時間の講義の動画である。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目