TO-CANや14Pin Butterflyタイプパッケージの半導体レーザーのパッケージにはフォトダイオードが内蔵されている(フォトダイオード用のピンがある)。このフォトダイオードは、半導体レーザーの発光の大きさに応じて発電して電流を流す。

つまり、フォトダイオードが流す電流値をモニタリングすることによって(正確には抵抗を介して電圧を計測することによって)、半導体レーザーの出力をモニタリングすることができる。半導体レーザーは温度依存性があるが、光出力を絶えずモニタリングして、状況を温度制御素子にフィードバックすることで、光出力が一定になるように制御できる。

半導体レーザーのデータシートには、出力がいくつのとき(ほとんどの場合、定格出力のとき)に、電流がどれだけ流れるか記載されている。

例えば、Thorlabs社のL375P020MLDの場合、光出力 30 mWで 0.2 mAの電流が流れる。

TO-Can

TO-Can

光響へのお問合せ

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目