14 Pin Butterflyパッケージの半導体レーザーの中には、波長安定化のためにピグテールファイバーにFBG( Fiber bragg Grating )が書き込まれているものがある。半導体レーザー(正確にはゲインチップ:半導体チップに2つある劈開面のうち、FBG側にARコーティングが施されている)から出た光はピグテールファイバーに結合され、FBGによりFBGの反射帯域に応じた波長がゲインチップに戻る(フィードバックする)。これにより、ゲインチップ内ではFBGの反射波長の光が選択的に共振するため、狭スペクトル幅のレーザーが得られる。

 

FBG付きファイバーピグテール型半導体レーザーの仕様

FBG付きファイバーピグテール型半導体レーザーのスペクトル幅はおよそ 0.5〜1 nm程度であり、温度によるスペクトルシフトも 0.01 nm/deg. 程度である。3SPGroupより、 1050 mW(Kink-free)のものが市販されている。DFBレーザーDBRレーザーと比べてスペクトル幅は広いが高出力にも対応できるため、波長976 nmの製品はファイバーレーザーの励起光源として良く用いられている。

ファイバーブラッググレーティング(FBG)」のメーカー

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目