外部共振型レーザー( External Cavity Laser : ECL )は通常の空間出力タイプのゲインチップ(ARコーティング半導体レーザー)の外部に回折格子(もしくは回折格子とミラー)が設置されているレーザーである。なお、外部共振型レーザーにおけるゲインチップの射出側(=回折格子からの入射側)の劈開面にはARコーティングが施されいる。

ゲインチップから射出されたレーザーはコリメートされた後、回折格子に入射する。回折格子ではゲインチップから射出されてきた多くのモードが、それぞれのモードに応じた回折角に回折される。ことのとき、回折格子によってある単一のモードだけが選択されて半導体レーザーに戻る(フィードバックされる)。この戻ったモードが半導体レーザー内で共振するため、出力はシングルモードになる。

リットマン型とリトロー型

外部共振型レーザーにはリットマン型(Littman)とリトロー型(Littrow)がある。

リットマン型では回折格子の1次回折光をミラーで反射させることで半導体レーザー内にフィードバックする。レーザーは回折格子で2度回折するため、出力が制限される。

一方、リトロー型では回折格子の1次回折光を直接半導体レーザーにフィードバックし、0次回折光をレーザーとして取り出す。回折は1度だけなので出力はリットマン型より大きい。また、リトロー型の場合は回折格子側にARコーティングが施されていない通常のファブリ・ペロー半導体レーザーも使用できるため、より広帯域・高出力・低価格にできる(チューナビリティを優先させる場合はARコーティングが良い)。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目