媒質内で熱負荷が発生すると、媒質内から外部への熱伝導により媒質内に温度分布が形成される。この温度分布によって媒質が変形する。位置rからr+U(r)まで媒質素子が変位した時の変位量を表すベクトル関数としてU(r)を定義すると、この時、ij  平面の歪みテンソルは次のように定義される。

計算式(2-6)(式1)

熱応力の解析には次式のフックの法則(歪みテンソルと応力テンソルの関係式)を用いる。

計算式(2-7)

(式2)

スクリーンショット 2015-01-13 17.51.12

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目