スーパーコンティニューム光発生はレーザー光が非常に広いスペクトル帯域幅(すなわち、低い時間的コヒーレンス)、すなわち超広範囲連続光学スペクトルを持つ光へ変換される際の過程である。これは時間的なコヒーレンスが非常に低く(しかし重要な制限を持つ‐下記を参照)、一方で空間的コヒーレンスは通常高いままであることを意味する。

スペクトル拡大はふつう強力な非線形デバイスを通した光学パルスの伝搬によって達成される。例えば、バルクガラスの欠片を通って強烈な(増幅された)超短波パルスを送るものがあるだろう。あるいは、非常に高い非線形性と高いビーム品質を確かなものにするための導波管を持つ光学ファイバーを通ってずっと低いパルスエネルギーを持つパルスを送れるものがある。フォトニック結晶ファイバーは特に興味深く、主にそれらのふつうではない波長分散特性のために、非常に長いファイバー上で強力な非線形相互作用を起こす。ほんの中程度の入力でさえ非常に広範囲のスペクトルが得られる。これは「レーザーの虹」となる。

いくつかの場合において、テーパーファイバーが使われ、短い長さ上で非常に強い非線形相互作用を示す。

図1と2は非常に短いファイバー片におけるスーパーコンティニューム光発生についての数値シミュレーション結果である。しかしながら多くの場合において、非常に長いファイバーが使われ、そのときたいてい非常に低いピーク出力を使って接続されている。

sup1-1

sup1-2

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目