Yb:YAG のエネルギー準位図と吸収断面積と誘導放出断面積を示す。

Yb:YAG のエネルギー準位図、Yb:YAGの吸収断面積と誘導放出断面積

図1:(a)Yb:YAG のエネルギー準位図 (b)Yb:YAGの吸収断面積と誘導放出断面積

エネルギー準位図

長所

図1(a) はYb:YAGのエネルギー準位図である。Yb:YAG レーザーは2F7/22F5/2の2 つのシンプルな電子準位によって構成されている。それぞれの準位には結晶場により2F7/2準位に4つ、シュタルク分裂により2F5/2準位に3つの副準位がある。この副準位によりレーザー動作が行われる。

0cm-1が基底準位であり、10327cm-1がレーザー上準位になる。このシンプルなエネルギー準位構造を持つため、2F5/2 の上準位に励起されたイオンが更に光を吸収する励起状態吸収などのアップコンバージョンが起らない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目