共振器内のGVDが完全に補償されたとき、パルス光に含まれる各周波数成分は全て同位相となるため、時間的に最短パルスを示すフーリエ変換限界パルス (TLP:Transform-Limited Pulse) が得られる。光パルスの時間強度波形とスペクトル形状は互いにフーリエ共役の関係にあり、パルス幅Δtとスペクトル幅Δν (周波数領域) の間には下式の不確定性関係が成立する。
不確定性

ここでパルス幅Δt、スペクトル幅Δνは共に半値全幅 (FWHM:Full Width Half Maximum) を示す。k はスペクトルの分布関数に依存し、ガウス型の場合は0.441、sech2型の場合は0.315である。

前方励起型システムと後方励起型システムの比較
強度分布 k
Gaussian 0.441
Sech2 0.315
Square 0.892

フーリエ限界パルス幅

波長1.0μm、ガウス型の場合のフーリエ変換限界パルス幅と、波長領域でのスペクトル幅 (バンド幅) の関係を図2に示す。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目