ロッド型及びディスク型における温度分布・応力分布・熱破壊限界で算出した応力はレーザー媒質内で熱的歪みを発生させ、この歪みが光弾性効果を介して屈折率変化を与える。
物質の屈折率は一般的に屈折率楕円体によって記述されるが、熱歪みによる屈折率変化は屈折率楕円体の形、振幅、偏光の微小な変化によって与えられる。その変化は係数内の微小な変化によって決定され、

計算式(2-48)

 

 (式1)

となる。ここで、Piiklは4階(Rank4)の光弾性効果テンソルである。このテンソルの各要素は弾性光学係数であり、εklは2階(Rank2)の歪みテンソルである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目