希ガスレーザー(noble gas ion laser)の媒質は、放電によってイオン化されたアルゴンイオン(Ar+)やクリプトンイオン(Kr+) である。このため、希ガスレーザーは希ガスイオンレーザーとも呼ばれる。Ar レーザー(Ar イオンレーザー) の代表的な発振線はブルー(488.0nm) とグリーン(514.5nm)、Kr レーザー(Kr イオンレーザー) の代表的な発振線はレッド(647.1nm、676.4nm)、Ar とKr の混合気体の発振線は450~670nm である[1]。希ガスレーザーの媒質と波長を表1にまとめた[2,3]。

表1 : 希ガスイオンレーザーの媒質と波長。
()内の数字は発振線の本数を表す
イオン 帯域 波長
Ar+ 紫外
可視
赤外
275.4-390.8nm (16)
408.9-528.7nm (13)
1090nm
Kr+ 紫外
可視
赤外
337.5-356.4nm (3)
406.7-676.4nm (13)
752.5-858.8nm (5)

希ガスレーザーは比較的高出力(Ar レーザーで25W 程度[4]) であるため、レーザーショーやレーザーディスプレーなどのエンターテインメントや加工、研究に用いられる[5]。しかし、発振に希ガスイオンを作る必要があるため、高出力レーザーでは大電流が必要である。

特徴

  • 波長:紫外~可視(351nm@Kr+~674.6nm@Ar+)
  • 発振形態:CW
  • 平均出力:~25W(Ar+)
  • 励起方法:放電
  • 応用:エンターテインメント、理化学応用、加工(フォトリソグラフィー、原材料加工)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目