誘導ラマン散乱,誘導ブリュアン散乱などの誘導散乱過程は,自然放出散乱過程に対応する誘導過程である.自然放出を,真空場のゆらぎによる電場の誘導過程による増幅と考えれば,白然放出とこの誘導過程を統一的に理解することもできる.一方,これらの誘導散乱は,広い意味での非縮退4光波混合過程とみなすことができる.そこで,まず4光波混合について簡単に記述する.

4光波混合は,最も一般的には,四つの電磁波(光)の相互作用による3次の非線形光学過程である.相互作用する周波数の縮退条件,励起光と非線形媒質の共鳴条件,励起光と信号光の光学的配置などできわめて多様である.また励起光にパルス光を用いるか,連続光を用いるか,また時間分解をおこなうか,周波数分解をおこなうかなどによっても,異なった多種多様の実験スキームが考えられる.広い意味での4光波混合は,3次の非線形光学過程のほとんどすべて(第三高調波と広義の3次の非線形光学に含まれてくる狭義の2次の非線形電気光学効果である直流(DC)カー効果などを除く)を含んでいるといってよい.入射励起光と信号光の周波数について分類し,その感受率を記すと次のようになる.

非縮退4光波和周波混合X(3)(-ω4;ω1,ω2,ω3),ただしω1234縮退4光波和周波混合(第三高調波発生)χ(3)(-3ω;ω,ω,ω),非縮退4光波差周波混合χ(3)(-ω4;ω1,-ω2,ω3),ただしω1234部分縮退4光波差周波混合χ(3)(-ω4;ω1,-ω2,ω1),ただし2ω124縮退4光波混合χ(3)(-ω;ω,-ω,ω).

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目