位相感応型光増幅器(optical phase sensitive amplifier)とは

利得が入力する信号光の光位相に依存している光増幅器.半導体光増幅器(semiconductor optical amplifier:SOA)や希土類添加光ファイバ増幅器などのレーザー増幅器やラマン増幅器は入射光の光位相に依存せず増幅し入射光と同相の増幅光を出力する位相非感応型光増幅器(optical phase insensitive amplifier)である.位相感応型光増幅器は縮退パラメトリック増幅を用いて実現できる.これは直交するこつの位相成分の片方には利得Gを他方には減衰1/Gを与える利得を与える光位相と入力する信号光の平均位相が一致したとき,位相非感応光増幅器がこうむる標準量子限界(雑音指数3 dB以上)をこうむらない無雑音(雑音指数0 dB)の光増幅が原理的に可能となる.