光が光ファイバーを伝搬するときのパワー損失は、ファイバーを特徴付ける重要なパラメータの1つである。
長さL の光ファイバーに光パワーP0の光を入射させたとき、ファイバーを通過後の光のパワーPT

ファイバーを通過後の光のパワー

で与えられる。ここでα は減衰定数であり、光ファイバーの損失を示す。通常、光ファイバーの損失α [dB/km] は下記で表される。

光ファイバーの損失

典型的な石英系光ファイバーの損失波長依存性を図1に示す。

石英系光ファイバーの損失波長依存性

図1:石英系光ファイバーの損失波長依存性

ファイバー損失αdB の最小値は波長が1.55μm 付近で得られる0.2 [dB/km] ( 減衰定数α∼ 4.6 × 10-7cm-1 ) 程度である。この損失スペクトルはいくつかの因子により決まるものであるが、主な要因となるのが物質自身の吸収とレイリー散乱である。波長が短くなるとレイリー散乱による影響が大きくなり、可視領域での損失は1~10 [dB/km] 程度にもなるが、他の媒質と比較するとかなり小さい。純粋な石英ガラスは紫外領域と2μm より長波長の領域に吸収帯をもっているだけであるが、不純物を少量加えただけで0.5~2μm の透過域にかなりの吸収を生じるようになる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目