光ファイバーと光デバイスを結合するには、直接結合、マイクロレンズとレンズ光ファイバーを使った結合方法がある。
結合時の損失を小さくするために、精密な位置合わせの後、固定とシールドをするアクティブアライメントや、位置合わせマークに置く、パッシブアライメントがある。

直接結合

光ファイバーを光デバイスに突き合わせる結合で、光ファイバーのモードと光デバイスのモードが大きく違わない場合に、低損失な結合が可能である。

マイクロレンズを使った結合

光ファイバーサイズの球レンズやセルフォックレンズを用いて結合する。

Reference

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目