望遠鏡は、遠くのものを拡大して見るための装置である。拡大光学系の様式によって、屈折望遠鏡、反射望遠鏡、そしてそれらを組み合わせた反射屈折望遠鏡に分けられる。ここでは、これら様式の特徴を紹介するとともに、各種望遠鏡において代表的な光学系様式を紹介する。具体的には、屈折望遠鏡では、「ガリレオ式」と「ケプラー式」について述べる。また、反射望遠鏡では、「グレゴリー式」「ニュートン式」「カセグレン式」について述べる。最後に、反射屈折望遠鏡では、「シュミット・カセグレン式」について述べる。

目次

  • 1. 屈折望遠鏡

    無料ユーザー登録

    続きを読むにはユーザー登録が必要です。
    登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
    SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
    *メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

    既存ユーザのログイン
       
    新規ユーザー登録
    *必須項目