アメリカ合衆国・カリフォルニア州ローレンス・リバモア国立研究所。
米政府が約4000億円を投じて建設した国立点火施設(NIF)には、フットボールコート2面分くらいの大きさの巨大なレーザー核融合炉があった。

核融合エネルギーは、将来のクリーンかつ永久的持続可能なエネルギー源として期待されている。太陽をはじめとする恒星のエネルギー源であり、核分裂反応と比べて圧倒的に放射線廃棄物が少ない、環境と調和した夢のエネルギー源である。レーザー核融合炉は、非常に高い出力のレーザー光を用いて核融合を実現させるための施設である。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目