2015年7月。

夏本番を迎えようとしている京都の蒸し暑さをものともせず、ひとりの少女が小学校の校門を駆け抜けていった。
いったん通り過ぎてから、きちんと後退して振り返った少女は、校門の脇から下校する児童たちを見送る教頭先生に「さようなら!」と元気よくあいさつしてから、ふたたび裏山へとつづく坂道をのぼっていった。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目