1

「響−! 早く早く!」
ゆう子先輩の呼ぶ声で響は目を覚ました。
ベッドから身を起こし、周囲を見まわした響は、寝ぼけ眼をこすり、ゆう子の声が窓から聞こえることを知覚する。
「ゆう子……先輩?」
窓に目を向ければ、まぶしい朝日がカーテン越しに差し込んでいる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目