「響―!すみれー!泳ぎにいかないかー!!!」

ホームルームが終わり、連れだって玄関に向かっていた二人に、ゆう子が背後から飛びついた。
「!…せ、先輩…!?もー!」

響が、才色兼備で3年生はおろか学校中の人気者のハイテンションアプローチをやんわりたしなめる。こういうことに未だ慣れないすみれはというと、対人関係で物怖じしない響に任せるしかない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目