バシイイイッ!!

人影もまばらになった私立聖光学園の校舎の一角。
家庭科調理室から、勢いよく床を叩く炸裂音が響き渡った。
つづいて紅光響の金切り声。

「待てえい!」

魔光少女の戦闘服[バトル・ドレス]に身を固めた響は、家庭科調理室でフォトナイザーを振りあげ、地を這う〝何か〟を必死に追いかけ回していた。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目