バスのアナウンスが『次は七条大宮・京都市水族館前』と告げた。
紅光響は、待っていましたとばかりに降車ボタンを押して、窓外に逃げ場を求めた。

約20分間——。
逃げ場のないバスのなかで、隣りあう異性と——しかも仲の悪い——途切れ途切れの会話をつづけるのは、ひどく骨が折れた。

もっとも、会話をつづけようとしていたのはもっぱら彼のほうで、話を振られるたび、響は素っ気ない答えを返していたのだが……。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目