とにかく最短ルートで交渉にあたらねばならない……。

ナナとヒロを連れた加奈は、高等技術施策集団(テクノクラート)の長たる行政担当官に接触を試みたのだった。

しかし、『かの国』による核攻撃の情報を眼前に突きつけられた彼らの返答は、

「頼むから帰ってくれ……」

という懇願だった。もはや考えることをも拒否した現実逃避だ。それではいけないと諭すように加奈は、

「事実から目をそらすべきではない。あなたたちは、核攻撃で死ぬんですよ?」

と熱くならぬよう、できうるだけ冷静に告げた。

「わたしたちはここで平和に暮らしてきたんだ……」

高等技術施策集団(テクノクラート)の行政担当官は、独り言のようにつぶやいた。

「たのむから、私たちの平和な生活を乱さないでくれ……」

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目