核大戦後、寒冷化した地球の夜の冷え込みは、尋常ではない。ガスマスクをしなければ、有害な放射能性降下物や揮発性有機化合物、さらには目に見えぬ紫外線の影響で視力すら失う。生物の存在を否定するかのような地上の深い静寂を、マスクの遮光メガネ越しに眺めていた冷泉艦長は、胸元のポケットをまさぐった。

そこにタバコの箱がないとわかっていても、やらずにはいられない所作に自分でも苦笑いを洩らしながらも、冷泉はそのまま架空のタバコを取り出して、火をつけて、煙を吸ってみた。紫煙の苦みを遠い過去から取り出して、息を吐き出す。マスクが濾過する吸気口から出た息が、白い靄となってはき出された。

艦長ともなれば、他の乗員と違って個室があてがわれるのだが、いまは艦の外に出て、艦内の様々な事情から一度離れ、頭を切り換えたかった。艦体中央部に位置する艦橋構造物後部・信号甲板に一人佇む冷泉艦長は、《希望》と艦名が記された鐘――かつては艦内の時刻を知らせるために使われていたが、現在はシンボル的存在としてその形を残す――を目にして、複雑な心中をさまよった。

「希望、か……」

思わず洩らした言葉がため息を伴う。主機安定稼働のための検体への〝処置〟はすでに済んだと報告を受けていた。いまは廃人――兵器の一部であり、人間らしさを失った彼女は完全なコード番号に変えられていた。いまは主機に接続し、稼働実験を行っている最中だろう。

東京支部からは物資と人員を確保した。あとは出発するだけだ。慣れない人間関係と意思疎通が図れない現状に、艦内の不満がくすぶり始める頃だ。本来なら乗員に上陸許可を与えて、半日でも休暇を与えるべきところだったが、いつ『かの国』の攻撃を受けるか予断を許さない現状からすれば、それは叶わぬ夢だった。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目