ナナは主機(メインエンジン)《響XⅢ号システム》の潜水球(バチスフィア)内に立てこもり、『オプト・クリスタル』との感応を解いていた。

「要求はなんなんだ?」

増幅集積室(チャンバー)の制御室にやってきた加奈とヒロは、作業要員に事の詳細を訊ねる。

「なんでも、艦長と話をさせて欲しいとかで……」

「だから、私が代わりに話を聞きに来た」

加奈が言うと、要員の代わりに

(あなたでは、だめ)

というナナの声がスピーカーから聞こえてくる。

「……ナナか?」

(わたしは、〝彼女〟の声を聞いたの……)

「〝彼女〟?」

その言葉をきっかけとして、加奈の脳裏で突然、14年前の事件が鮮明に甦る。諜報員7thであること、ましてや〝彼女〟の存在など知らぬ振りを貫くために、加奈は

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目