地下施設より浮上した爆縮特務艦《エスピランサ》は、いよいよ舞鶴港湾施設にその姿を現したのだった。

その外観は流線型をしており、カラーリングも純白の船体に紅い血流のようなラインが走っていた。船体後部には、反射装置(リフレクター)が折りたたまれており、尻びれのように伸びていた。

艦橋構造部には光子位相変換砲や超アクティブレーザー砲といった砲塔が鎮座し、艦首上甲板部分には光子魚雷(フォトントーピドー)の垂直打上装置が並ぶ。

「敵、核攻撃開始まであと20(フタマル)!」

戦術オペレーターに応えるように、冷泉艦長は、

「全艦、攻撃準備。全砲門を開け。光子位相変換砲及び光子魚雷(フォトントーピドー)、エネルギー装填!」

と令する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目