《フォボス》の爆撃は小休止に入っていた。分厚いベトンの壁に囲まれた《アポロン》地下工廠は、まだびくともしなかった。

舞鶴元海軍工廠には、世界各国の原子力潜水艦や護衛艦の残骸が運び込まれていた。これは軍艦の建造ラインと同時に解体ラインを『かの国』が日本に確保するためで、また言ってしまえば体のよい核廃棄物の押しつけだった。

こういった廃棄物を埋めるために、堅牢に建設された地下施設は、いまは『アポロン』にとっての絶対防衛ラインになっているのだった。

「おそらく、敵は核兵器を使用するだろう」

冷泉艦長が攻撃休止の意図をそう裏読みする。

「生き延びた要員は、反重力レーザー爆縮炉(リアクター)の動力伝導に注力するように伝えろ。最優先だ」

「しかし、肝心要の燃料利得媒質(ペレット)が……」

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目