「極東委員会からの査察受け入れ要求……?」

鷲尾(わしお)孝(たかし)は声を思わず裏返した。舞鶴元海軍工廠(こうしょう)造船施設にて建造中の特務艦の査察受け入れと施設内の武装解除命令が発せられたとの知らせを受けてのことだった。

核大戦後、売国奴(マゴット)によって日本国は崩壊した。自衛隊も組織解体され、戦術兵器及び軍事施設はすべて極東委員会の統治下に入った。

そんななか、『かの国』沿岸部で闇ルートの武器取引や海賊行為に荷担して勇名を馳せてきた鷲尾は、元自衛隊員と技術者たちからなるテクノクラート地下組織『アポロン』に徴用(リクルート)された工作員だった。彼は予備審査ののち、徳島の総合訓練施設で最終審査を通過し、士官候補生として訓練を受けてきた。

幸いなことに、『かの国』は相変わらず統治が下手だった。それに対し、あまりに従順な日本人は支配しやすい異例の人種だった。他国であれば暴動やデモが起きてもおかしくないはずなのに、この国の国民は、なにをされようがただただ耐えてみせた。

そんな日本国民、売国奴(マゴット)に対し、『かの国』は油断し始めていた。舞鶴元海軍工廠を民間造船会社と海運会社に委託したのも、そんな油断が生んだものだろう。

「バカ」がつくほどの勤勉さからか、日本人の技術に革新性は失われたが、相変わらず日本人の作るものはよかった。北海道から沖縄まで、極寒の地域から熱帯地域まで、どんな環境下においても同一の性能を、何十年にもわたって保証する日本の産業技術は、もはや文化の域に達していた。

残念ながら、文化は盗めない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目