雨宮加奈(かな)はひどい偏頭痛に襲われていた。これから、ある物事を理解する必要のない人間に、長い時間をかけて説明しなければならない。この案件がいかに重要かつ可及的速やかに対処すべきものかを説明――否、説得しなければならないのだった。

現場は忙しい。こんなことに手を取られている間にも、相手は動いている……。現場に指揮権があれば、すでに日本人による地下組織『アポロン』の企てに肉迫しているはずだった。

加奈は憫笑(びんしょう)を洩らした。それこそ、私たちが憎み、蔑んできた日本人らしいお役所体質そのものではないか……?

十四年という時間、日本を屈服させたことが『かの国』の傲慢を生み、増長させ、頽廃を招いている。

だが、この感覚は、現場の第一線、諜報戦の最前線に身を置く彼女のような諜報員(スパイ)でなければ、抱けない感懐だったのかもしれない。多くの戦場はすでに無人兵器のものになっていたからだ。

かつて加奈は、売国奴(マゴット)によって完膚なきまでに屈服させられた日本民族の再興を掲げる地下組織『アポロン』に潜入した諜報員(ちょうほういん)7th(セブンス)だった。『アポロン』の日本人技師たちによって開発されているという次世代反重力レーザー核融合炉の燃料利得媒質『オプト・クリスタル』に関する技術窃取(せっしゅ)が目的だった。

ところが、技術は盗んでも肝心要の『オプト・クリスタル』の精製は、14年を経たいまでもできていなかった。幻の技術であるこの燃料利得媒質は、14年前、加奈の目の前で埋没してしまった……。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目