郷大大深度施設の直上には、筒状戦車兵器群が押し寄せていた。まるでいらないゴミを破棄するかのように、すり鉢状にえぐられた巨大なクレーターの底に向かって、容赦なく戦車兵器群がミサイルを撃ち込み、攻撃をつづけていた。

爆発の煙はもくもくと立ち上り、クレーターには蜂の巣のような爆発痕がぼつぼつと空き、そこへさらに爆弾が投げ込まれる。物量に物言わせたこの攻撃によって、郷大大深度施設といえど、崩壊はまぬがれないかに見えた。

ところが、攻撃をつづけていた戦車兵器たちがふと、攻撃を停止した。まるで降り始めた雨に気づいた子供のように、戦車兵器群は上空にセンサーを振りむけた。

戦車兵器群の周囲に燐光を放つ粒子がふわりと浮かんでいる。かと思った次の瞬間、成層圏より時速1万1587キロの早さで急降下してきた飛翔体が、戦車兵器群の足もとに次々に突き刺さった。

直径30センチ、長さ6.1メートル、重さ100キロのタングステン製の金属棒にすぎないその飛翔体は、しかし、上空1000キロの重力加速度を伴って飛来し、その破壊力は20キロトンにも及んだ。大量の兵器を搭載した戦車兵器群は誘爆を起こして、爆発の火球はみるみる広がっていった。

火球の高さは1キロにも及び、偵察用無人航空機も誘爆した。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目