地上につづくエレベーターを上がっていくと、低く爆発音の振動が連続して轟いていた。戦場が近くに迫っているのだった。

エレベーターを降りて、気密扉のハンドルを回して、地上に出る。日はすっかり暮れて一帯は真っ暗になっていたが、戦場だけは煌々(こうこう)と仮設照明と爆発の炎で照らされているのだった。

郷大跡地に立ちのぼる黒煙は、巨大な生き物のようにもくもくと天まで伸び、筒状戦車兵器の残骸が折り重なっている。

周囲に警戒の目を走らせつつ、ヒロは有刺鉄線に囲われた郷大跡地に向かっていく。硝煙の匂いとガソリンの匂い、それと熱風とが頬を打った。

有刺鉄線もまた爆発の火災で溶け、ねじ曲がっていた。ヒロはその間を縫って通り抜け、掘削現場に近づいていった。

上空を偵察ヘリが旋回している。投光器で現場を照らし、〝なにか〟を探していた。おそらくヘリも無人機だ。真っ暗闇のなかを投光器の明かりだけを頼りに状況報告するのは、人間よりも無人機のほうが適している。

少女だ。ヒロは愕然とした。彼女はたったひとりで筒状戦車兵器をなぎ倒し、彼らが警備する施設に侵入したのか……?

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目