人の皮膚や物質を透過してその中にある物質を捉える事ができる電磁波を知っているだろうか。一度は見た事があるであろう、X線による写真である。このX線が発見されたのは1895年のことであった。
スクリーンショット 2017-08-04 15.55.13

ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンはドイツの物理学者で第一回ノーベル物理学賞を受賞している。レントゲンははじめ機械工学を専攻したが博士では物理学を専攻し、助教から教授時代には光学や電磁気学の他にも熱力学などの研究を行っている。
スクリーンショット 2017-08-04 15.55.21

レントゲンはX線を発見し以下のような性質を持つ事を明らかにした。
・分厚い本やガラスを透過する
・金属箔の透過性はその種類に依存する
・鉛には遮蔽される
・蛍光物質を発光させる
・熱作用を示さない
数学において未知の数を表すXからとり、X線と名付けられたこの放射線は物理学の研究者達に大きなインパクトを与えた。

スクリーンショット 2017-08-04 15.55.29

レントゲンの妻の手を写したX線写真はその存在と特性を示した事で有名である。現代では医療用のX線写真や空港での手荷物検査などに用いられている事から一般の人々にも広く知られている放射線の1つといえる。また、X線の発見が原子核物理の端緒となった事も特筆すべき功績だといえよう。

参考
Wikipedia

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目