ベェルナー・カール・ハイゼンベルグはドイツの理論物理学者である。不確定性原理と行列力学により量子力学の発展に大きく寄与した事で知られており、量子力学の創始ならびにオルト・パラ水素の発見の功績が認められ、31歳の若さでノーベル物理学賞を受賞している。

スクリーンショット 2017-08-29 16.31.38

若い頃にはピアノの才能も広く認められていたため、科学者の道を歩むかピアニストの道を歩むかを真剣に悩んだという逸話も残されている。

スクリーンショット 2017-08-29 16.31.54

現代量子力学の検知からするとハイゼンベルグが導いた不確定性原理は厳密に正しいものではないが、その発展を支えてきた事は疑いようがない。
行列力学は量子力学を記述する有効な方法として導かれた。

スクリーンショット 2017-08-29 16.32.17

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目